ロメロ・ブリット・ストーリー

ロメロ・ブリット

現在ポップ・アート・シーンを代表するアーティストであるロメロ・ブリット。鮮やかな色彩と大胆なパターンをビ ジュアルランゲージとして希望や幸せを表現しています。ブリットの作品は2008年と2011年のカルーゼル・デュ・ ルーブルの “Salon National des Beaux-Arts” での展示など、世界100か国以上のギャラリーや美術館で展示されてき ました。誰からも愛される、それがロメロ・ブリットの作品です。

1963年ブラジルのレシフェに生まれ。幼いころから新聞紙などをキャンパスに独学で絵を学びます。1983年にパリで マティスやピカソの作品に出会い、キュービズムとポップを融合させた鮮やかでアイコニックなスタイルを生み出してます。ニューヨーク・タイムズは彼の作品をして「思いやりと楽天主義、愛に溢れた作品」と評しています。

1988年にマイアミに移り住み、その翌年にはアンディ・ウォーホールやキース・へリングと並んでアブソリュート・ ウォッカの「Absolut Art」に選出されています。Audi、Bentley、Disney、Evian、さらには2010年、2014年のFIFAワール ド・カップや2012年、2016年のオリンピックのオフィシャル・ポスター・アートを手掛けるなど、数多くのコラボレーションに採用されました。

また、ベルリンのミレニアム・ドーム、ロンドンのハイドパーク、ニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港のパブリック・アート・インスタレーションを制作。第46回のスーパーボウルでは、シルク・ド・ソレイユと組んでハーフ・タイムの ショーを演出しています。

ポジティブな変革を生み出すことがアーティストの役割と考えるブリットは、250を超えるチャリティー団体や、ベスト・バディーズ・インターナショナル、セント・ジュード子どもリサーチ病院といったコミッティーに自らの時間や アート、リソースを提供するなどベネファクターとしての支援を行っています。近年ではダボスの世界経済フォーラム をはじめ、これまでに数えきれないほど多くの学校や公共機関でスピーチを行ってきました。

活動の幅を広げ続けるロメロ・ブリット。ついに日本での活動を本格化させます。

※サロン・デ・ボザール
150年を超える歴史を持つフランスの美術団体「ソシエテ・ナショナル・デ・ボザール(Société Nationale des Beaux-Arts)」が主催するアートの祭典で、毎年ルーヴル美術館で開催されている。


ロメロ・ブリットから日本へのメッセージ

ロメロ・ブリット「幸せのアート」グレート・ビッグ ストーリー

2012年第46回スーパーボウル・ハーフタイム・ショー