ロメロ・ブリット

ロメロ・ブリット
ロメロ・ブリット

現在のポップ・アート・シーンを代表する世界的なアーティストであるロメロ・ブリットは、鮮やかな⾊彩と⼤胆なパターンをビジュアルランゲージとして希望や幸せを表現しています。ブリットはハイドパーク史上最⼤のパブリック・アートの展⽰物を創り出しました。彼の作品は、ルーブル美術館のカルーゼル・デュ・ルーブルにも展⽰されました。誰からも愛される、それがロメロ・ブリットの作品です。

1963年ブラジルのレシフェに⽣まれ。幼いころから新聞などをキャンパスに独学で絵を学びます。1983年にパリにやってきたロメロは、そこでマティスやピカソの作品に出会い、キュービズムとポップを融合させた鮮やかでアイコニックなスタイルを⽣み出します。ニューヨーク・タイムズは彼の作品をして「思いやりと楽天主義、愛に溢れた作品」と評しています。

1988年にマイアミに移り住み、国際的なアーティストとして脚光を浴びるようになります。その翌年にはアンディ・ウォーホールやキース・へリングと並んでアブソリュート・ウォッカの「Absolut Art」に選出されています。ブリットのポップな感性はその後も、Audi、Bentley、Disney、TechnoMarine、Evian、さらには2010年のワールド・カップのオフィシャル・ポスター・アートを⼿掛けたFIFAなど、数多くのブランドとのコラボレーションに採⽤されました。

またブリットは絵本も制作しており、Simon & Schuster及びRizzoliから出版されています。ブリットの作品は2008年と2011年のカルーゼル・デュ・ルーブルのSalon National des Beaux-Artsでの展⽰など、世界100か国以上のギャラリーや美術館で展⽰されてきました。また、ベルリンのミレニアム・ドーム、ロンドンのハイドパーク、ジョン・F・ケネディ国際空港のパブリック・アート・インスタレーションを制作。第46回のスーパーボウルでは、Cirque du Soleilと組んでハーフ・タイムのショーを⼿掛けています。ポジティブな変⾰を⽣み出すことがアーティストの役割と考えるブリットは、250を超えるチャリティー団体や、ベスト・バディーズ・インターナショナル、セント・ジュード⼦どもリサーチ病院といった委員会に⾃らの時間やアート、リソースを提供するなどベネファクターとしての⽀援を⾏っています。近年では論争の平和的な解決を追求するダニエル・シャピロ博⼠によるハーバード流「国際交流プログラム」の創⽴後援者に任命されました。ダボスの世界経済フォーラムをはじめ、これまでに数えきれないほど多くの学校や公共機関でスピーチを⾏ってきました。

2011年初頭にはブラジルの⼤統領ジルマ・ルセフからの依頼により、6100万⼈の出産前後の⺟親と⾚ちゃんを対象としたプログラム「Rede Cegonha」(*コウノトリ・ネットワーク)のロゴを制作しています。ロメロ・ブリットは2016年リオ・デ・ジャネイロ・オリンピックのアンバサダーに任命されました。

ロメロ・ブリット公式サイト(英語)

2012年第46回スーパーボウル・ハーフタイム・ショー